Electronic Piano

Electronic Piano 2.5

さまざまな楽器を演奏できる 気分はミニ・オーケストラ?

Eletctronic Pianoは、キーボードやマウスを使って色々な楽器の協演を楽しめる、英語の演奏ソフトです。同時に複数の楽器の音色を鳴らすことができるので、まるでミニ・オーケストラを指揮しているかのような感覚に浸れます。好きな音楽を再現したり、少し豪華な弾き語りを披露してみてはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 楽器の数が多い:通常の楽器で128種類、ドラムのみで47種類
  • 主旋律と伴奏で楽器を変えられる
  • 伴奏では、ワンボタン(クリック)で和音を演奏できる

反対票

  • 実際の楽器のように演奏できない
  • ピアノ鍵盤に慣れていないと使いにくい

良い
7

Eletctronic Pianoは、キーボードやマウスを使って色々な楽器の協演を楽しめる、英語の演奏ソフトです。同時に複数の楽器の音色を鳴らすことができるので、まるでミニ・オーケストラを指揮しているかのような感覚に浸れます。好きな音楽を再現したり、少し豪華な弾き語りを披露してみてはいかがでしょうか。

Electronic Pianoでは、128種類の楽器の音色と、47種類のドラム音を出すことができます(GM規格)。起動後は、128種類の楽器用の画面が開きますが、メニューの「Play Drums Only」のチェックボックスをクリックすることで、ドラム専用の画面に切り替えることができます。

128種類の楽器用の画面は上下に分かれており、上で主旋律の演奏・設定を行い、下で伴奏を行います。それぞれの画面には、ピアノ鍵盤の絵があり、全ての楽器をこの鍵盤上で演奏します。各鍵盤キーをクリックするか、キーに表示された文字を入力し、音を鳴らしましょう。伴奏には、主旋律と異なる楽器を設定でき、ボタンひとつで3音か6音の和音を出すことができます。トランペットなど、1つの音しか出せない単音楽器でこの機能を使うと、6人の楽団が合奏しているように聞こえます。

チェックボックスをクリックしてドラム用の画面に進めば、演奏可能なドラムのリストと、キーボードのボタンへの割り当て表が表示されています。好きなように割り当てを決め、ボタンを押してドラムを打ち鳴らしましょう。

Electronic Pianoでは、当然ながら、「生」の楽器を演奏しているような感覚は味わえません。ほとんどの楽器はピアノ鍵盤上で操作するので、「ギターやバイオリンは演奏できるけど、ピアノ鍵盤には慣れていない」という人には扱いにくいでしょう。

Electronic Pianoは、パソコン上でミニ・オーケストラ気分を味わうことができる英語の演奏ソフトです。

Electronic Piano

ダウンロード

Electronic Piano 2.5